スクワットの平均重量は何kg?男女別・体重別に解説!

スクワット 平均

本記事では、スクワットの1回のMAX重量の平均男女別・体重別・筋トレ歴別でまとめています。

スクワットの世界記録スクワットの重量を伸ばすコツも合わせて解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

スクワットの重量アップを目指しましょう!

 

  • バーベルスクワットの平均って何キロ?
  • スクワットで何キロ挙げればいいの?
  • スクワットで100kgってすごい!?

こんな疑問に向けて、スクワットの平均重量を調べてみました。

男女別・体重別・筋トレ歴別にまとめているのでスクワットの重量アップの目安にしていただけると幸いです。

 

【男女別・体重別】スクワットの平均重量

スクワットの男女別の平均重量を調べてみました。

世界共通で利用されているstrengthlevelのサイトをもとに算出しています。

 

平均重量などの数値では、1回挙げられる最大の重量。つまりMAX重量を意味します。

10回挙げられる重量ではありません。

 

  • トレーニング未経験者・・・体重x0.7kg
  • トレーニング歴1~6ヵ月・・・体重x1kg
  • トレーニング歴6ヵ月~2年・・・体重x1,5kg

この辺りが平均的なスクワットの重量です。

さらに詳しく男女別・体重別に掘り下げていきます。

 

男性のスクワットの平均重量

体重 未経験 初心者 中級 上級 エリート
50kg 33kg 51kg 75kg 103kg 134kg
55kg 39kg 59kg 84kg 114kg 147kg
60kg 46kg 67kg 94kg 125kg 159kg
65kg 52kg 75kg 103kg 136kg 171kg
70kg 58kg 82kg 112kg 146kg 183kg
75kg 65kg 90kg 120kg 156kg 194kg
80kg 71kg 97kg 129kg 165kg 204kg
85kg 77kg 104kg 137kg 174kg 214kg
90kg 83kg 111kg 145kg 183kg 224kg
95kg 88kg 117kg 152kg 192kg 233kg
100kg 94kg 124kg 160kg 200kg 242kg
105kg 99kg 130kg 167kg 208kg 251kg
110kg 105kg 136kg 174kg 216kg 260kg
115kg 110kg 142kg 181kg 223kg 268kg
120kg 115kg 148kg 187kg 231kg 276kg
125kg 120kg 154kg 194kg 238kg 284kg
130kg 125kg 160kg 200kg 245kg 292kg
135kg 130kg 165kg 206kg 252kg 299kg
140kg 135kg 171kg 212kg 258kg 307kg

トレーニングレベルの基準ですが、

  • 未経験・・・トレーニング未経験者
  • 初心者・・・半年間トレーニングをしている
  • 中級・・・半年〜2年間トレーニングをしている
  • 上級・・・2年〜5年間トレーニングをしている
  • エリート・・・5年以上トレーニングをしている

政府統計ポータルサイトによると日本人男性(18歳以上)の平均体重は67.6kgなので、未経験者のスクワットの平均重量は約55kgです。

 

スクワットの重量は体重によって変化するので、自分の体重にあった重量を目安にしましょう。

女性のスクワットの平均重量

体重 未経験 初心者 中級 上級 エリート
40kg 18kg 32kg 51kg 75kg 101kg
45kg 21kg 36kg 56kg 81kg 109kg
50kg 24kg 40kg 61kg 87kg 115kg
55kg 27kg 43kg 65kg 92kg 122kg
60kg 29kg 47kg 70kg 97kg 127kg
65kg 32kg 50kg 74kg 102kg 133kg
70kg 34kg 53kg 78kg 106kg 138kg
75kg 37kg 56kg 81kg 111kg 143kg
80kg 39kg 59kg 85kg 115kg 148kg
85kg 42kg 62kg 88kg 119kg 152kg
90kg 44kg 65kg 92kg 123kg 156kg
95kg 46kg 68kg 95kg 126kg 161kg
100kg 48kg 70kg 98kg 130kg 164kg
105kg 50kg 73kg 101kg 133kg 168kg
110kg 52kg 75kg 103kg 136kg 172kg
115kg 54kg 77kg 106kg 139kg 175kg
120kg 56kg 80kg 109kg 143kg 179kg

トレーニングレベルの基準は男性と同じです。   

  • 未経験・・・トレーニング未経験者
  • 初心者・・・半年間トレーニングをしている
  • 中級・・・半年〜2年間トレーニングをしている
  • 上級・・・2年〜5年間トレーニングをしている
  • エリート・・・5年以上トレーニングをしている

こちらも政府統計ポータルサイトを引用すると日本人女性の(18歳以上)の平均体重は52.2kgなので、未経験者のスクワットの平均重量は約25kgです。  

 

女性の場合、バーベルシャフト(20kg)でもかなり重たく感じる方が多いと思います。

まずはダンベルから始めると、少しずつ重量を増やしていけますよ。

 

スクワット100kgなんて余裕!?世界記録って何kg?

100kgのスクワットは、筋トレ初心者にとって想像できない世界に感じてしまいますよね。

 

しかし、世界には人間を辞めてるレベルの超人が存在します。

彼らにとって100kgのスクワットがウォーミングアップなのです。

 

男女別にスクワットの世界記録を調査したので紹介します。

男性編|スクワットの世界記録は575kg

スクワットで史上最も重いバーベルを挙げた男は、フィンランド出身のJonas Rantanenさんです。
引用:OPEN POWERLIFTING

 

 

彼が肩にのせているバーベルの総重量はなんと575kg

一般人だと一瞬にして潰れてしまう重量です。 

 

女性編|スクワットの世界記録は310kg

一方、スクワットで史上最も重いバーベルを挙げた女性は、チェコ出身のOlga Gemaletdinovaさんです。
引用:OPEN POWERLIFTING

 

彼女の持つ世界記録は310kg

まさに超人ですね・・・

 

スクワットの重量を伸ばすコツ

スクワットの重量を伸ばすには以下のポイントが重量になってきます。

  • 低回数
  • 頻度を増やす
  • 追い込まない
  • 3分間のインターバルを取る
  • しっかり睡眠をとる

さらに詳しく解説していきます。

 

バーベルスクワットの正しいフォームは、【人類史上最高の筋トレ種目】フルスクワットの正しいフォームと注意点をスターティングストレングス式に解説で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

低回数

重量を伸ばすには筋力アップのためのトレーニングが必要です。

筋力アップには2〜5回の低回数が効果的です。

 

しっかりと負荷をかけて低回数でスクワットを行うことで筋力を向上することできます。

 

頻度を増やす

週1回のスクワットでは筋力アップには不十分です。

スクワットの重量を伸ばすには週2回の頻度でスクワットを行いましょう。 

 

追い込まない

筋トレは限界まで追い込むことが常識的になっていますが、スクワットの重量を伸ばすにはあと数回できる余裕をもってセットを終えることが重要なポイントです。

 

スクワットを週2回取り組むためにも追い込まないことを意識しましょう。

 

3分間のインターバルを取る

セット間のインターバルは3分間きっちり取りましょう。

毎セット、回復した状態でスクワットを行うことで筋力が向上していきます。 

 

しっかり睡眠をとる

トレーニングで消費したエネルギーを回復させるためにしっかりと睡眠をとりましょう。

理想は7時間〜8時間です。

しかし、毎日忙しくてたっぷり睡眠時間が確保できない場合でも最低6時間以上寝ることをおすすめします。

 

筋トレも食事も大切ですが、何よりもしっかり寝ることが1番重量です。

 

まとめ

以上、スクワットの平均重量について解説しました。

  • 男性の平均重量はトレーニング未経験者で約55㎏
  • 女性の平均重量は未経験者で約25㎏

まずは平均重量を目指してスクワットに取り組んでみるといいですね。

 

スクワットの重量を伸ばすコツは、

  • 低回数・・・1セットあたり2回〜5回
  • 頻度を増やす・・・週2回のスクワット
  • 追い込まない・・・あと1〜2回できるところでやめる
  • インターベルをしっかりとる・・・3分間
  • しっかり睡眠をとる・・・7時間〜8時間(最低でも6時間)

 

スクワットは最高の筋トレ種目の1つです。

まずは中級(体重x1,5kg)目指してスクワットに取り組みましょう。

 

他にも以下の記事でスクワットについて解説しているのでぜひご覧ください。

-BIG3, トレーニング
-,

© 2020 筋肉の代弁者 Powered by AFFINGER5