【厳選】筋トレにおすすめ本3冊・すべてのトレーニー必読の書

2019年12月16日

【厳選】筋トレにおすすめ本3冊・すべてのトレーニー必読の書

世の中には多くの筋トレ本がありますが、そのすべてに為になることが書かれているとは限りません。筋トレに関する間違った情報で溢れています。

我々トレーニーは正しい情報を取捨選択していかなければならないのです。

なので今回は、筆者が読んだ筋トレ本の中ですべてのトレーニーにとって必読といえるおすすめ本3冊を紹介してきます。


筋トレにおすすめの本3冊

  • スターティングストレングス
  • 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名
  • 筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト事典


トレーニングに最も大事なのは正しい知識

筋トレを学ぶのに書籍がおすすめの理由

  • 書籍は科学的根拠に基づいた知識を得ることができる
  • ネットやYOUTUBEにある筋トレ体験談はあてにならない
  • 骨格や筋肉の量、生活習慣や環境などあらゆる要素で人それぞれなので、自分に合う方法を見つける為


情報化社会によってインターネットやYOUTUBEを使って筋トレに関する様々な情報や方法論を簡単に調べることができています。

しかしネットにある情報のすべてが正しいとは言えません。まったくデタラメな方法論などが描かれている記事も多いので、特に初心者は正しい情報を選ぶことが大切になってきます。

トレーニングにはしっかりと知識が必要です。

 

個人的にトレーニングにおいて最も大事なことは気合でも生まれ持った才能でもなく「正しい知識」だと思っています。正しい知識を持っているかいないかでトレーニングの結果が大きく変わってきます。

どうすれば正しい知識を得られるのか?? そこでおすすめするのが書籍です。

素晴らしい書籍を読めば科学的根拠に基づいたトレーニングの知識を得られることができます。

筋トレは個人の体験談はあてになりません。ある方法でAさんに結果が出たとしてもBさんがその方法を真似ても同じ結果がでるのか分からないのです。

なぜなら、骨格や筋肉の量、生活習慣や環境などあらゆるのものが人それぞれ違うからです。


つまり、筋トレYouTuberが実践している方法を真似するよりは、科学的根拠に基づいた知識を身に着けトレーニングに取り入れていく方が遥かに効果が高いと言えます。


下記の記事でジム初心者が実践すべき最短で成長する7つの極意をまとめています。



筋トレにおすすめの本3冊


ここからは、筆者が過去に読んだ中ですべてのトレーニーに読んでほしい筋トレにおすすめの本3冊を紹介します。

筋トレにおすすめの本3冊

  • スターティングストレングス
  • 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名
  • 筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト事典



スターティングストレングス

ウエイトトレーニングの教科書と言える1冊です。

全米で有名なストレングスコーチ・Mark Rippetoeの超ベストセラー著書の待望の日本語版です。

スターティングストレングスでは、バーベルを使った5種類の基本種目(スクワット・デッドリフト・ベンチプレス・オーバーヘッドプレス・クリーン)が、その他のトレーニング種目に比べていかに効果的であるかを圧倒的な情報量で学ぶことができます。

更に、ケガのリスクが少なくトレーニング効果が最も高い効率的なフォームを解剖学、運動生理学などあらゆる角度で解説しています。

Rippetoe氏が35年以上にわたってこのメソッドを指導してきた経験をもとに、なぜバーベルトレーニングがトレーニングの最適解であるか、バーベルトレーニングがいかに優れた種目であるかを教えてくれます。

理論的に筋トレを学んで行くためには必読の書と言えます。

スポーツにおけるパフォーマンス向上を目指しているアスリートや指導する側に立つトレーナーも読んでおくべき1冊です。

日本語版は6000円以上するので書籍としては高価な方ですが、スターティングストレングスに書かれている知識を知っているか知っていないかでトレーニングの効果が大きく変わると言っても過言ではありません。

まさにウエイトトレーニングの教科書と言えます。

目でみる筋力トレーニングの解剖学-ひと目でわかる強化部位と筋名

これ1冊で筋肉の部位、強化したい部位を鍛える種目がひと目でわかる!

ウエイトトレーニング時にどこの部位に効果があるのかを知ることは非常に重要です。トレーニング種目の選択に大きくかかわる要素です。

しかし、初心者がいきなりトレーニングによって負荷かかかる部位を理解することは難しいでしょう。

そこでおすすめする本が「目でみる筋力トレーニングの解剖学-ひと目でわかる強化部位と筋名」です。この本の特徴は、全身の筋肉が部位ごとに詳細なイラストで図解されているところです。

トレーニングによって負荷がかかる筋肉が具体的にわかるため、筋トレの強化方針を検討するうえでとても有効な1冊です。

筋肉の名称も細かく書かれているので、筋肉の構造を知りたい人も満足できる内容となっています。初心者にもおすすめできる書籍なので、闇雲にトレーニングを始める前に読んでほしい1冊です。

筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト事典

肉をつけたい人のための食事と栄養摂取のバイブル

筋肉を増やしていくには、食事が7割・トレーニングが3割とも言われているほど「栄養学」は重要な項目です。

栄養学をきちんと理解することで効率的に筋肉つけていくことができます。インターネットにも食事に関する情報があふれていますが、書籍を通じて体系的に学んでいくことでより理解が深まっていくのです。

筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト事典では、栄養摂取と食事法の最新メソッドや筋肉の性質と筋肥大のしくみ、各栄養素の働きと摂取バランスなで筋トレをするうえで知っておくべき知識を丁寧に解説してくれています。

また、筋トレ食として有効なコンビニ飯トレーニングとアルコールのつき合い方など日常生活で役立つ情報も得ることができます。

初心者にも非常に読みやすい内容となっているので、すべてのトレーニーにおすすめする1冊です。

まとめ

筋トレにおすすめの本3冊

  • スターティングストレングス
  • 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名
  • 筋肉をつくる食事・栄養パーフェクト事典



筋トレで結果を出していくのに最も大事なことは、やる気や気合と言った根性論ではなく知識なのです。

トレーニングはしっかりとした知識があると大きなメリットを得られます。

ケガのリスクが減ることやよりトレーニングの効果を上げられるのでインターネットの情報だけを鵜呑みにするのではなく、科学的根拠に基づいて書かれた書籍から学んでいくことをおすすめします。

今回紹介した3冊は、初心者から上級者まですべてのトレーニーが参考にできる内容となっているので是非気になる人は読んでみて下さい!

 

-基礎, 筋トレ 初心者
-, ,

© 2020 筋肉の代弁者 Powered by AFFINGER5