【効果バツグン】初心者におすすめのトレーニングベルトの巻き方・選び方

本記事では、トレーニングベルトの正しい使い方得られる効果について解説します。

他にもトレーニングベルト選びに失敗しない選び方を紹介していきます。

スクワットなどのフリーウエイトトレーニング中に「腰が痛いっ!」と感じた経験はないでしょうか?

そんな方に以上に効果的な筋トレグッズが
トレーニングベルト」です。

 

トレーニングベルトを使うことで、腰への負担を減らし、筋トレの質が飛躍的に向上するサポートグッズ。

ジムでマッチョ達が腰に巻いているベルトで、筋トレ初心者こそ使って欲しいグッズです。

 

本記事では、トレーニングベルトの正しい使い方・効果・選び方をまとめています。

 

なぜトレーニングベルトを使うのか?

ジムに行くとマッチョな人ほど、腰にトレーニングベルトを巻いていませんか?

なぜ?なんのためにトレーニングベルトを使うのか。

それは「腹圧を高めやすくする」ためです。

 

そもそも腹圧ってなに?

腹圧とは、腹部にかかる圧力のことです。腹圧が高まると体幹が安定し、正しい姿勢を保つことができます。

 

つまり、腹圧が高いとケガをしにくくなるという大きなメリットがあります。

 

ジムに巣食うマッチョ達は、長い年月をかけて肉体を鍛えて大きくしてきました。そんな彼らが一番恐れるのがケガです。

ましてや腰のケガは日常生活に支障をきたします。

 

トレーニングベルトを使用する目的が「腹圧を高めやすくする」ため。

 

トレーニングベルトの得られる効果

トレーニングベルトを使用すると「腹圧が高めやすく」なります。 腹圧を高めて筋トレをすることで、いくつかのメリットが得られます。

 

ここからは、トレーニンングベルトを使用することで得られる効果についてくわしく解説してきます。

トレーニングベルトの効果

  • 筋トレのパフォーマンス向上
  • 腰のケガ防止
  • メンタル強化

 

筋トレのパフォーマンス向上

トレーニングベルトで腹圧を高めることによって筋トレのパフォーマンス」が向上します。

 

腹圧を高めることで体幹が安定し、正しい姿勢を保つてるようになり、スクワットやデッドリフトにおける使用重量アップにつながります。

 

コアが安定することで筋出力が上がり、BIG3以外の筋トレ種目全般でも効果を発揮します。

腹圧は、うまく使えるかどうかで、筋トレのパフォーマンスが大きく変化する重要なポイントです。

 

腰のケガ防止

腰のケガは非常にやっかいです。一度ケガをすると一生付き合って行く可能性があります。

そういった腰のケガを防止するために腹圧を高めて体幹を安定させ、腰を保護することが大切です。

 

重いものを持ち上げようとすると、体の支点にあたる腰に負荷がかかります。

トレーニングベルトを装着することで、腹圧が高まり腰の負担が軽減される効果があります。

 

特に高重量に挑戦するときは、トレーニングベルトを使用しましょう!

 

メンタル強化

トレーニングベルトを装着することで、高重量に対する不安を解消してくれます。

 

スクワットやデッドリフトで高重量に挑戦するときにトレーニングベルトがないと

思ったよりも重そう。。ケガが怖いしやめとこうかな

と目の前のバーベルにビビってしまいます。

 

しかし、トレーニングベルトを巻いていればケガのリスクが減るので安心してトレーニングができます。

余計なことを考えなくてよくなるので、集中力が増しパフォーマンスも上がります。

 

【失敗しない】トレーニングベルトの選び方

トレーニングベルトと検索するとベルト幅素材が違うさまざまな種類のものが表示されます。

 

トレーニングベルトは大きく分けて3種類あります。

トレーニング中の用途によって選ぶポイントが違います。

また、基本的にベルト幅が大きいほどパワーが出せます。 それぞれの特徴と選び方をくわしく解説します。

 

ウエイトリフティングベルト

特徴

  • 背部が幅広で前側のバックル部分が狭くなっている形状
  • フリーウエイトトレーニング向け

トレーニングベルトとして最も一般的なベルトで、ジムに置いてあるトレーニングベルトのほどんどがこのベルトです。

 

別名、ウエイトリフティングベルトを呼ばれ、体幹部を補強し筋トレのパフォーマンス向上させたり、腰のケガ予防に効果的です。

 

前側のバックル部分が狭くなっているので、動きやすくさまざまなフリーウエイトトレーニングで使用できます。

おすすめな人

  • バーベル・ダンベルをよく使う人
  • 腰に不安がある人
  • 筋トレのパフォーマンスを上げたい人

 

ウエイトリフティングベルトのおすすめは、ゴールドジムのレザーベルト。

サイズがXS〜Lまであります。身長178cm・体重76kgの僕にはMサイズがピッタリでした。

アメリカ規格なので小さめのサイズを選ぶといいですよ。

 

パワーベルト

特徴

  • ベルト幅が前部・背部ともに同じ
  • スクワット・デッドリフト特化型

パワーベルトは、パワーリフティングベルトと呼ばれ先ほどのウエイトリフティングベルトよりもさらに高重量を扱うスクワット・デッドリフトに効果的です。

 

ベルト幅が前後で同じで、厚みもあるのでかなり丈夫です。腹部がしっかり固定されるので腹圧がかけやすく、筋出力も大きくなります。

 

しかし、その丈夫が故にベンチプレスやフリーウエイトには向いておらず、まさにスクワット・デッドリフト特化型と言えます。

おすすめな人

  • スクワット・デッドリフトを行う人
  • 筋力アップを目指す人
  • 筋トレのパフォーマンスを上げたい人

 

ゴールドジムのパワーベルトがおすすめです。

腰のホールド性が強く、腹圧も高めやすくなっています。

 

より本格派の方にはSBDのレバーアクション式がおすすめ。

プロのリフター達もこぞって使う最上級のパワーベルト。SBDのベルトを超えるものはありません。

 

ネオプレーンベルト

特徴

  • ナイロン製で柔らかい
  • マジックテープで細かい調整ができる

ネオプレーンベルトはナイロンでできた柔らかいベルトでマジックテープを使って固定します。

 

マジックテープで固定するので、細かなウエスト調整ができます。また革製のベルトと違って、柔らかいので女性でも扱いやすく持ち運びもしやすいメリットがあります。

 

しかし、ナイロン製であるため強度の面では劣ります。

おすすめな人

  • 女性や高齢者
  • 持ち運びしやすいベルトを探している人

 

Schiek(シーク)のリフティングベルトがおすすめ。

ベルクロで調整できるため、自分に最適な締め付け強さに調節できます

 

トレーニングベルトの巻き方

トレーニングベルトは腰ではなくお腹に巻きます。

そして、腹圧をしっかりとかけるために強めに巻きましょう!

ポイント

  • お腹のおへそのあたりに巻きつける
  • 少しきつく感じる程度にしめる

 

ココに注意

強く巻きすぎはNG

 

いくら腹圧を高めようとしても強く巻きすぎるのはNGです。

ベルトがきつすぎると腹圧がかけにくくむしろ逆効果になります。 最適な強さでベルトを巻きましょう!

 

トレーニングベルトが効果的な種目

トレーニング中ずっとトレーニングベルトを巻く必要はなく、限られたトレーニング種目で効果を発揮します。

 

主に以下の種目で使うと効果的です。

 

腰に不安を抱えている人は、積極的に使うことをおすすめします。

 

まとめ

本記事では、トレーニングベルトの巻き方・選び方について解説しました。

 

トレーニングベルトを正しく活用すれば、筋トレのパフォーマンスが向上し、ケガの防止に効果的です。

 

筋トレを行う上で
何よりも避けるべきことが「ケガ」です。

ケガ防止のためにもトレーニングベルトを使って安全に筋トレすることをおすすめします。

 

関連
【コンパクト】ジムの持ち物はこれだけ!必要なものは6つ

続きを見る

こちらの記事も読まれています!

-筋トレグッズ

© 2020 筋肉の代弁者 Powered by AFFINGER5