" />

【おすすめは断然ジム!】家トレ→ジムトレに変えたら継続できた話

2019年6月6日

この記事は、「自宅で筋トレをするか」「家で筋トレをするか」悩んでいるトレーニング初心者に向けて書いています。

今まで筋トレをあまりやってこなかった初心者が、いざ始めようとする時にどこでやればいいか悩みますよね。

大きく「家トレ」か「ジムトレ」2つの選択肢になると思います。


ぼくはジムに通っていますが、もともと家トレをやっていました。なので、家トレとジムトレどちらも経験があります。

ぼくの過去の経験から言うと

「断然ジムトレがおすすめ」です。

今回は、ジムトレがおすすめな理由。家トレとジムトレのメリット・デメリットについて解説していきます。

本記事のターゲット

ジムに通うか迷っている人




筋トレはジムでやるのがおすすめ

家トレとジムトレ両方やってきた僕がおすすめするのは、断然ジムトレです。

僕がジムトレをおすすめする理由は3つあります。

ジムトレがおすすめな理由

  • 豊富な種類のトレーニングマシンがある
  • 周りに刺激される
  • 何より自分が筋トレを続けられた理由から



豊富な種類のトレーニングマシンがある

ジムにはたくさんのマシンがあります。これがジムの最大のメリットと言えます。

ダンベルやバーベル、パワーラックやベンチプレス、スミスマシン・レッグカール・レッグエクステンション・ラットプルダウンと自宅では難しいトレーニングがジムに行くとできます。あらゆる器具があるのが魅力的ですよね。


本気でマッチョになりたいならジムに行くべきです。

 

周りに刺激される


ジムには身体がごつい人や美しいスタイルの人が集まってきています。自分が目指すべき肉体を持っている人を間近に見ることができるので、モチベーションが上がります。

また、その人たちのトレーニングが参考になります。


何より自分が筋トレを継続できた理由だから


何より三日坊主の空き性だったぼくが、ここまで3年以上筋トレを継続できた理由がジムに通ったからです。


もともとは家トレをやっていたけど、なかなか継続できずやってはやめをくり返していました。ずっとマッチョな男に憧れていたのでどうすれば継続できるのか悩んでいた過去があります。


そこでジムに通ってみようと一念発起した結果、筋トレが楽しくなり何の苦もなく3年以上継続できています。

ジムに行くと豊富なマシンやトレーニングしているマッチョな男たちという非日常な世界が広がっています。非日常な世界ってわくわくしますよね。


これが楽しいと感じる理由です。ジムに行くとわくわくします。



人間は楽しいことは簡単に継続できるので、家トレが続かないと悩んでいる人は、一度ジムに行ってみると僕たいに継続できるかもしれませんよ。



なぜ家トレだと続かなかったのか

ジムトレは3年以上継続できているのに、なぜ家トレだと続かなかったのか考えてみました。

その結果、「一人のトレーニングは寂しい(苦しい)」「家には娯楽があふれている」「トレーニングのスペースがない」が大きな理由であったことがわかりました。

家トレが続かなかった理由

  • 一人のトレーニングは寂しい(苦しい)
  • 家には娯楽があふれている
  • トレーニングのスペースがない



一人のトレーニングは寂しい(苦しい)


一人で行うトレーニングは想像以上に寂しいです。ジムに行っても結局は一人でやっているので結果は変わらないのですが、周りの環境がかなり違います。

一人だといくらでもサボれるので本気で身体を変えたいのなら、かなり強いマインドが必要です。


また、そんなトレーニングは割と苦しいと感じやすく、楽しさがない苦しいトレーニングは間違いなく続きません。

僕が家トレをやっていた時も楽しいより苦しいが勝っていました。身体を変えたい一心で筋トレをやっても腕立て伏せや腹筋、ダンベルだけでは楽しさを感じられなかったです。


家には娯楽があふれている


家にはたくさんの娯楽があります。テレビや漫画、スマホ・ゲームなどいくらでも時間を消費できる楽しいことがありすぎます。


家で筋トレをすることは、たくさんの娯楽を我慢する自分をコントロールする精神力が要るのです。

テレビを見てから、マンガを読んでからって思っているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。僕は筋トレを継続する為に環境を変えたと言えます。

つまり、それほどまで自分の体を変えたかったのです。


トレーニングのスペースがない


自宅でトレーニングできるスペースって限られてますよね。


ベンチプレスのようなバーベルトレーニングはまず難しい、できてダンベルトレーニングじゃないでしょうか?


筋肉を増やしてマッチョな体になりたいのなら、高重量のバーベルトレーニングが必要不可欠です。低重量のトレーニングだと、どれだけやっても効果的とは言えないのです。

家トレでマッチョになりたいのなら、バーベルを使うべきでしょう。自宅でもベンチプレスやスクワットができる環境を作れば家トレでも筋肥大はできます。


しかし、ワンルームマンションに住んでいたのでバーベルなんて到底置けず断念していました。やりたいトレーニングができないのも続かない理由です。


家トレにもメリットはある!

自宅で筋トレをする大きなメリットは、やはり年会費を払わなくていいところでしょう。


ダンベルやフラットベンチなど初期投資20000円程度払えば、後は無料で筋トレできます。


自重トレーニングにすれば初期投資20000円すら必要ないです。筋トレにできるだけお金を掛けたくない人は家トレが向いていると言えます。



もう一つメリットとしてあげられるのは、移動時間が無いことです。

ジムに入会するとたとえ家から5分だけでも移動時間が発生します。家から5分の場所だと往復10分です。週に2回行くとして1年間で17時間も移動しているのです。

時は金なりと言うくらい時間は大切なので、時間の節約は大きなメリットですね。


本気で体を変えたいならジムに行くべし!

もちろん家トレでも体は鍛えられるのですが、本気で体を変えたいのならジムに行くべしだと思います。


家トレをやってた頃の自分は全く体が変化せず、自分は筋肉が付かない体質なのかと半ばあきらめていました。

しかし、勇気を振り絞ってジムに入会してから体が見違えるほどに変わったのです。身長178㎝・65㎏のもやし体型が、今や78㎏と13㎏の増量を成功させました。

最初は手探りながらいろんなマシンを使うのが楽しすぎてどんどん筋トレにはまってしまい、筋トレ中毒と言えるぐらいはまっています。笑

過去の自分がそうだったように、自宅での筋トレが続かない人にはぜひジムに行ってみて欲しいです。

自分がこんなに変われたのは、いろんなマシンで筋トレしたのも一つの理由ですが、最も大きな理由は継続したからです。

家トレでもジムトレでも自分が継続できる環境で筋トレすることが一番大切です。


初心者におすすめのジムメニューはこちら!



おすすめのジム

僕がおすすめするジムは24時間営業しているジムです。

 

中でも「エニタイムフィットネス」と「ジョイフィット」が展開エリアが広くおすすめです。

24時間営業のジムには大きく2つのメリットがあります。

メリット

・24年間年中無休なので自分に生活時間にあわせて通うことができる。

・会員になれば全国どこでも使える。

 

1.エニタイムフィットネス

世界27ヵ国 4000店舗を展開しているフィットネスの本場アメリカから上陸してきた世界チェーンのジムです。

日本国内では店舗数400店日本国内では店舗数400店を突破しています。

エニタイムフィットネスが無い都道府県は「高知県」「鳥取県」だけ

料金は、都内の相場は「8000円未満」地方に行くと税込「7344円」が多いです。


詳しくはコチラ

 

2.ジョイフィット

全国250店舗以上を展開している日本資本のスポーツジムチェーンです。

ジョイフィットは、スポーツジム、24時間ジム、女性専用ヨガなどのブランドを展開しています。

料金は、税込で「7200円」全店舗使えるナショナル会員だと「8227円」

詳しくはコチラ

まとめ

今回は僕の経験をまじえて紹介してみました。

ジムで筋トレを3年間続けてわかったことは筋トレは「裏切らない」です。

トレーニングは継続していると必ず効果が表れます。

つまり続けることが一番大切なのです。

そのために今まで何度も家トレで挫折を味わってきた人にジムをおすすめしました。

ぜひ入会してみてください。

 

関連記事
エニタイムフィットネスとジョイフィットの徹底比較!どっちがオススメ!?
エニタイムフィットネスとジョイフィットの徹底比較!どっちがオススメ!?

続きを見る

-初心者の心得
-, ,

Copyright© 筋肉の代弁者 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.